TOPICS

トピックス・イベント情報

県外事業会社との交流会・メンタリングイベントが開催されました!11月25日(土)

11月25日(土)、沖縄市のスタートアップカフェ「Lagoon Koza」にて、県外事業会社との交流会・メンタリングイベントが開催されました。

 

県外からはオキサイド株式会社、ソニー株式会社・ソニービズネットワークス株式会社、OXIN株式会社、FES,llc合同会社エフイーエスの4企業、沖縄からはスタートアップ企業としてハローワールド株式会社が参加しました。

県外参加事業会社(4社) オキサイド株式会社 / 経営企画リーダー 竹内健吾氏、 ②ソニー株式会社・ソニービズネットワークス株式会社/部長代理/ 中村(谷口)美由紀氏、③HOXIN株式会社/アナリスト 小宮直子氏、④FES,llc合同会社エフイーエス / CEO・Producer 井上陽介氏

 

当イベントは、「起業の科学 」の著者である田所 雅之氏が主催するスタートアップアドバイザーアカデミーと連携し、当講座を修了したメンター陣を沖縄にお招きしてのメンタリングイベント。
メンター陣は県外事業会社の新規事業担当やVCなど、実務で新規事業開発やスタートアップ支援に携わっている方々です。

15時からスタートしたイベントは、Lagoon Koza内の見学やコザの街の散策からスタート。会場に戻り、おきなわスタートアップ・エコシステムのメンバーで一般財団法人沖縄ITイノベーション戦略センターシニアプロジェクトマネジャーの兼村光氏が県内のスタートアップ支援の現状を説明しました。

「沖縄では、行政の支援に加えて、金融機関を中心とした民間による支援プログラムが立ち上がるなど、スタートアップ支援の気運も高まっている。また、コワーキング施設等において定期的なイベントや交流会が継続的に行われ、スタートアップコミュニティが形成されつつある」。(兼村氏)
参加企業からの「沖縄ならではの課題や特徴はありますか?」という質問に対し兼村氏は「支援の体制ができているが、プレーヤーが少ない」と課題を説明。「資金の供給が行き届かなかったり、地元にVCがいないことがある。 成長段階のスタトアップをしっかり支えられるような仕組みを作りたい」と回答しました。

 

各参加事業者も自己紹介と活動についてプレゼンテーションを行い、互いに知識を交換しながら学びを深めました。

沖縄のスターアップ企業によるトークでは、まちなか留学を行う「ハローワールド株式会社」が登壇。事業内容を説明した後、参加者からの質問に答えながら、今後のさらなる事業成長に向けて意見を交換する場を持ちました。

 

このほか、コザスタートアップ商店街の豊里健一郎氏によるトーク、OISTのメンバーによるプレゼンテーションなど行われました。

 

 

おきなわスタートアップ・エコシステム・コンソーシアムでは、県内のスタートアップを支援する加盟組織を対象にした、様々な勉強会を実施しております。

 

詳細はこちらのページをご確認のうえ、加盟希望の企業・組織さまはお問い合わせページよりご連絡ください。

 

記事をシェアする

アーカイブ

タグ